スタッフブログ

  • TOP>
  • ブログ>
  • 「延床面積」を理解しておこう☆

2021.11.30NOZAKIについて

「延床面積」を理解しておこう☆

こんにちは、NOZAKIです♪

家を建てる際、「なるべく広い部屋にしたい」という人は多いでしょう。
そこで今回は、住まいの面積を表現する言葉について。
例えば、建築の際必ず目にするのが「延床面積」という用語。
これは家の広さを決める要素です。

延床面積とは、2階建ての家なら、1階、2階の床面積の合計で、住宅全体の面積を表しています。広々とした家にしたいなら面積を広くするのが基本になります。
ただ面積が大きくなる分、施工費用や使用部材の費用がかかるのは言うまでもありません。

また、お金をかければどれだけでも大きくできるのかというと、建てる場所によって一定の制限もあります。それが「建ぺい率(建蔽率)」、「容積率」という数字です。
建ぺい率とは、敷地面積に対する建築面積の割合を表すもの。2階建ての一般的な形状の家であれば、1階と2階のうちどちらか大きなほうの面積で、敷地に対する建築面積の割合を定めています。
例えば建ぺい率が60%と指定された地域にある100㎡の敷地には、60㎡までの建物が建築できます。

次に出てくるのが「容積率」です。
これは敷地面積に対する延床面積の割合になります。例えば容積率100%で100㎡の敷地には、1階60㎡、2階40㎡の合計100㎡までの建物が建てられます。

分譲地の土地面積と、この「建ぺい率(建蔽率)」、「容積率」がわかれば、どのくらいの広さの家が建てられるかが大体わかります。
同じ広さの土地でも住まいの広さは変わってきますので、
土地を検討する際には計算してみるといいでしょう。

ちなみに家づくりの際に出てくる面積のワードは、
このほかにも「建築面積」「建物面積」「土地面積」があります。

延床面積・・・・・建物の各階の床面積の合計
建築面積・・・・・建物を真上から見たときの外周で求めた面積(水平投影面積)。一般的な住宅では、1階部分の面積が概ね該当します。
施工面積・・・・・延床面積に含まれないバルコニーなども含む面積です。
土地面積・・・・・ 「敷地面積」とも呼ばれます。真上から土地を見たときの投影面(水平投影面積)。斜面にある土地は「土地面積が実際よりも小さくなることがあリます。

関連した記事